どのテーマよりも「ストーク(STORK)」を使い込んできた理由×徹底レビュー

総合評価:90点

「ストーク(STORK)」は ブログマーケティングの異端児ともいわれる「JUNICHI」氏と、数々の名テーマを世に出してきた「OPENCAGE」が共同で開発されたワードプレステーマです。

「JUNICHI」氏は、扱いやすさに定評のある「ELLEFANT(エレファント)」というテーマの制作者として名を馳せ、「OPENCAGE」は「ハミングバード」や「アルバトロス」という 数々の名テーマを世に出してきましたWP界のパイオニア的な存在。

常に、ブログ界の最先端を走りぬく両者の知恵と経験が凝縮した渾身のワードプレステーマ、それが「ストーク(STORK)」なのです。 「簡単」そして「モバイルファースト」という信念の元に作られたストークは、それらを謳う他のテーマの追随を許しません。

『ストーク』の特筆すべき点

ストーク:TOPページ ストーク:TOPページ

カスタマイズ性豊富なウィジェット

TOPページからサイドバーやフッターまで、より自分の思い通りに構造をカスタマイズできる 「ウィジェット」周りは一際使い勝手がいいものです。

収益化を狙う広告の配置や、 読者を狙った「CTA(コールトゥーアクション)」の設置、さらには抽象性が高くなりがちなトップページなどを自分好みにドレスアップしやすく、ページ同士の差別化も図る事ができます。

ストークのウィジェット機能は、触っているだけで日が暮れてしまうほどのカスタマイズの幅があります。 ついつい試行錯誤してしまう訳ですね。ちまちま変更をして、思い通りに仕上がっていく楽しさを味わう事が出来るのもこのテーマの醍醐味です。

記事に"深み"を与える数々のショートコード

ストークには数々の「ショートコード」機能が備わっています。 記事をよりいっそう引き立たせる為の即戦力になる機能ばかりであり、 それらは、ストークの十八番といっても過言ではないでしょう。

  • 画像(サムネイル)付の関連記事リンク
  • Nカラム表示
  • 枠(テキストボックス)
  • ボタン(通常/リッチボタン)
  • 噴出し機能

中でも「フキダシ機能」は、純粋に端的にメッセージを伝える事ができるので、よりいっそう記事を引き立たせる事ができます。第3者の角度から訴求できる「漫画効果」はやっぱり"スゴイ"の一言に尽きます。

多くのブロガーに愛用されている

「ブロガーならストーク」と言われるほど、キャリアを問わず、 簡単に見栄えのいいブログを作れるという事で、非常に多くの方に愛用されています。 ネットサーフィンをしていると、度々デザインに面影を感じる事があります。 "この人もストークを使ってるんだ・・"というように。

後のメリットでも触れてはいますが、「自分の記事を多くの人に見てもらいたい」という視点で見た場合、 ストークは相当なポテンシャルを有しています。

さらに、スマホやタブレットにもしっかり対応した「モバイルフレンドリー」であるからこそ、 自分の思いをより多くの人に発信したいと願う、多くのユーザーに支持されています。

「ストーク(STORK)」の欠点

まずはストーク欠点について触れてみたいと思います。 ストークを使い倒してきた経験を踏まえて、他の類似テーマと比較しながら相対的に欠点を見出していきます。 なお、今回は「独断と偏見寄り」のレビューとなるので、他のレビュアーとは大いに異なる場合があります。

ここが

  • 他のテーマと比べて表示速度がやや遅い
  • アフィリエイト目的で考えると他にも候補に上がるテーマがある
  • 量産タイプには向いていない

1.他のテーマと比べて表示速度がやや遅い

表示速度については、他のレビュアーにも度々取り上げられてはいますが、 他にラインナップされている類似テーマと見比べてみても、やはり表示速度は若干遅めという印象があります。

ただ、それはあくまでも"誤差レベル"の話。 しっかりとコンテンツが盛り込まれているストーク製のブログが検索の上位でもよく見ます。 表示が遅いから、記事がスルーされやすくなるだろう・・、SEOに影響が出るだろう・・。 本当にそうであれば、みんなこのテーマは選んでいないはずです。 それでもこの点に許容できないなら買わない方がいいでしょう。

2.アフィリエイト目的で考えると他にも候補として上がってくるテーマがある

先に案件を選んで、市場をリサーチしてからブログを作る・・ といったような、 緻密な戦略が求められるアフィリエイトには「ストーク」は適していません。 その理由は主に2つです。

  • 1ライセンスで1ブログしか運用できない
  • モノを「売る(制約させる)」ための設計が施されていない

2-1.ライセンスで1ブログしか運用できない

サイトアフィリエイトの場合、なるべく【少ない作業】で報酬を狙えるように、 初めに案件を選び、市場やライバル調査を行い、特定のジャンルに焦点を定めた上でブログ(サイト)を作ります。 焦点を定める事で「テーマに特化」した専門性の高いブログを作りやすいからです。 そういった場合、収入を広げていくには数も必要になってきます。 それはつまり『ライセンス』であり、サイトを作るごとに「ストーク」を買う必要が出てきてしまいます。

2-2.モノを「売る(制約させる)」ための設計が施されていない

サイトアフィリはジャンルが狭まる分、扱う案件も制限されます。 つまり、似たような商品を比較したり「ランキング形式」で案件を差別化させながら成約率を高めていく緻密な戦略が重要になってきます。 STORKには商品の特徴を表現させるパーツ「表周りの表現」「比較・ランキングテーブル」 といった機能は備わっていないので、それを実現するにはある程度のHTMLやCSSといった知識が必要になってきます。

アフィリエイト運用でテーマを選ぶ場合、 「AFFINGER(アフィンガー)」や「エッジプラス1」が候補に挙がってくるでしょう。 それらは、ランキング表現やパーツ周り、案件の詳細を表示しやすい表回りに非常に長けており、 まさにアフィリエイト特化のテーマとなっております。

その事から考えるとストークは、1本のブログを大きく育てるまさに"ブロガー向け"に適しているといえます。

3.量産タイプには向いていない

ストークはライセンス1つにつき1ブログまで。 新しくブログを立ち上げる際には、別途新たなライセンスを購入する必要があります。 そう考えると、案件やジャンル毎で立ち上げるサイトアフィリには不向きのテンプレートとなります。

「ストーク(STORK)」の長所

次にストークの長所を述べてみたいと思います。

ここが

  • ド素人でも見栄えのいいブログを作れる
  • 記事を書くことだけに力を注ぐ事ができる
  • より多くの人に記事を見てもらいやすい
  • SEOに適した内部構造
  • 集客がしやすい
  • 様々な案件を扱うことが出来る
  • "資産ブログ"を構築しやすい

1.ド素人でも見栄えのいいブログを作れる

ストークはどのテーマよりも「見栄え」に長けています。 CSS3やJavaScriptの技術を余すことなく使った見入ってしまう視覚的なデザインや表現、 記事を書き続ける事で、自然と全体の見栄えが良くなるブログ構造。

HTMLやCSS・JavaScriiptの知識が一切なくでも記事を書き続ける事でパワフルなブログに自然と仕上がっていくのです。 恐らくストークユーザーの多くが、「経験ゼロでも見栄えのいいブログを作りやすい」 という理由で選ばれていると言っても過言ではないでしょう。 自前の「ウィジェット機能」で、構造が被りやすいTOPページやカテゴリページにも 自分なりにアレンジしたりと、ブログ内のページでしっかりと差別化をする事も可能です。

ブログ未経験の方でも、 ブログの細部までドレスアップができる楽しみを味わえるのはストークしかありません。

2.記事を書くことだけに力を注ぐ事ができる

些細な文字の装飾、吹き出しやボックス表現で、 訴求したい部分にしっかりとメリハリを持たせることが出来る 自慢の「ショートコード機能」で、より臨場感のある記事へと仕立てあげることが出来ます。

渡来のテーマのように、 装飾するたびにわざわざソースコードを書く必要もなく、 コードの知識が無い方も、コピペ(コピー&ペースト)で装飾できる配慮。

そこにかける時間も一切必要とせず、 記事の執筆だけに時間を割くことが出来ます。

3.より多くの人に記事を見てもらいやすい

豊富な「ショートコード」機能は、より視覚的に説得力のある記事へと仕立て上げることが出来ます。 「SEO内部最適化」もある程度施されているので、 記事を提供し続ける事で入り口が出来上がり、アクセスを多く集めることが出来るようになります。

ストークは予め「巡回率(回遊率)」が高まりやすい構造に最適化されています。 「人気記事(レコメンド)」や「記事ランキング」の表示、ショートコードによる「ブログカード」を意図的に設置する事で、 ユーザーを自分のブログに留まらせて、他の記事を読ませるように導線を設計することが出来ます。

意識せずとも自然と回遊率の高いブログを作れるのがストークの評価できる点です。

4.SEOに適した内部構造

ストークは類似テンプレートと比べてみても、 ある程度【内部SEO】を意識したコーディングで設計されています。 それは、有用な記事を書き続ける事で、自然とアクセスが集まりやすくなる構造です。

さらに、ショートコード機能を用いて説得力のある記事へと表現しやすく 記事によっては「滞在時間」も延び、自分の思いを細部まで伝えることが出来ます。

ストークの構造上「PV(回遊率)」も高くなり、 SEOの面から見ても高評価を受けやすい構造を 意識しなくてもと構築することが出来ます。

  • 隅々まで表現できる記事
  • 内部構造
  • 巡回率

それらの要素が合わさったコンテンツは、 非常に頼もしく、威風堂々としたブログの玄関となります。 より多くの人に自分の記事を見てもらうチャンスを作る事ができるでしょう。

5.集客がしやすい

ブログ構造面やSEO面でも、内部の作りに徹底されたSTORK。記事を書き続ける事で自然と集客ができるような設計に加えて、 さらには集客に必須のアイテムである「SNSボタン」が常備されています。

STORK:SNSボタン STORK:SNSボタン

単なる集客のしやすさにとどまらず、1人1人により多くの記事を見て回れるような構造(レコメンド、記事ランキング等)で、 わずかなアクセスでもよりSNSで拡散できるチャンスを掴むこともがきるでしょう。

ソーシャルメディア内で大いに拡散され、瞬時に大量のアクセスが流れ込む 「バズ記事」を狙ってみるのもいいでしょう。

6.様々な案件を扱うことが出来る

テーマ内にはあらゆる箇所にアドセンス(クリック型広告) を配置できる場所が存在します。

クリックされやすい場所、人目に付きやすい場所、最大限にアプローチできる場所など、 それらは数々の緻密な計算に基づいて配置されたものです。 広告の経験がない方でもしっかりとベストコンディションで収益化を狙う事が出来るでしょう。

アドセンスにとどまらず、発生型報酬などの「物販案件」やメルマガ配信用の リスト収集のための「オファー案件」を紹介するものアリ。 さらには「LP(ランディングページ)」という1カラムの専用ページも意図的に制作できるようになっています。

「LP制作モード」を使って、売りたい案件を直接アプローチできる「キラーページ」も作ることが出来ます。 それらをブログカードを用いて、答えを添える感じでうまくリンクを繋げれば自然と報酬につながるはず。 自然と見回りやすい構造ではなく、巡回させる構造を恣意的に作ることが出来るのがこのテーマの良さの1つでしょう。

収益化を目指す多くのブロガーに愛用されているだけあって、 ストークはまさに収益化を図るのに適したブログテーマの1つとも言えます。

7."資産ブログ"を構築しやすい

「簡単」という信念に基づいて生み出されたストークは、 キャリアや障壁を気にせず記事を書く事だけに専念することが出来るテーマです。

HTMLやCSSなどの難しいコードを覚える必要もなくブログに鈍感であっても、 思いが強ければ、より自然に拡散されるように設計されています。 渾身込めて記事を書けば書くほど、多くの玄関(アクセスの入り口)が自然と出来上がっていきます。

スマホから閲覧しても、 「モバイルファースト」というしっかりとした最適化によって 、デバイスに左右されず巡回しやすい構造に仕上がっているので、SEOの面でも有利となります。 他のテーマでもユーザーの流れを想定した導線の設計は施されていますが、 ストークにおいてはそれらが目に見えて顕在化しています。

今は「スマホでモノが売れる」時代。 モバイルファーストを常に意識して作られたテーマは、今後も 収益化を目指すブロガーにとって頼もしい存在となるでしょう。

「STORK(ストーク)」のまとめ

総合評価:90点

“大いに評価できる”評価基準についてはこちらを参照

"自分の思いをありのままに表現"できる記事周りの機能、そしてより多くの人に見てもらえる構造は、まさに"ブロガー"を目指す方に手にとって欲しいテーマである

数多くの魅力溢れるテーマが出回っている中で、 それでも尚「ストーク」を使い続けています。

他のテーマに比べて高機能だとか、見栄えに長けているとかではなく、 単に、書いた記事をより多くの人に読んでもらいやすいからです。 巡回しやすいブログ構造なので、 想定した答え(記事)を添えるだけで読者は読んでくれます。

そして渾身を込めて記事を書けば書くほどその分より多くの人に自分の記事を発信してくれます。 記事を書くのは私で、難しい事は全てストークに手伝ってもらってます。 時間が浮いた分、また集中して記事を書くことができます。 つまり作業が捗ります。

記事を書く楽しさ、読んでもらる嬉しさを味わえるのはこのテーマの醍醐味です。

ストークは、単にアフィリエイトなどの収入を得る目的でなく、 時間をかけて1つのブログを大きくしていくブロガーを目指す方にお勧めしたいワードプレステーマです。

資産ブログを目指す方にとってストークは、 記事を書き続ける限り、背中を預ける事のできる"相棒"となってくれるでしょう。

ここが

  • ド素人でも見栄えのいいブログを作れる
  • 記事を書くことだけに力を注ぐ事ができる
  • より多くの人に記事を見てもらいやすい
  • SEOに適した内部構造
  • 集客がしやすい
  • 様々な案件を扱うことが出来る
  • "資産ブログ"を構築しやすい

ここが

  • 他のテーマと比べて表示速度がやや遅い
  • アフィリエイト目的で考えると他にも候補に上がるテーマがある
  • 量産タイプには向いていない

このテーマをおすすめできる人

  • これからブロガーを目指す人
  • 迫力のある記事を書きたい方
  • より多くの人に見てもらいたい方
  • スタイリッシュなデザインのブログを運用したい方
  • 様々な案件を扱いたい方(アドセンス以外の物販案件など)
  • 資産ブログを目指したい方
  • 時間がなかなか取れない方

「ストーク(STORK)」が不要な方

  • サイトアフィリエイトが目的の方
  • シンプルなデザインを好む方
  • 独自にコードを弄りたい中級者の方
  • 1ライセンス1ブログに許容できない方
  • 他の人とテーマが被りやすい点に許容できない方

質問やお問い合わせはこちら

お問い合わせはメールでお気軽にどうぞ。
基本的に2日以内にお答えするように心がけています。

お問い合わせフォームはこちら

オリジナル限定特典のご案内

教材を当サイト経由でご購入して頂いた方に、ここだけしか手に入らない貴重なオリジナル特典をご用意させて頂きました。実践する上での手助けとなって頂ければ幸いです。

ゆーたんによるメールサポートコンサルティング

ゆーたんのメールサポート

物販アフィリやサイトアフィリ、PPC、SEO集客、サイト制作、テンプレート製作、HTML、CSS、PHPなど、私の経験を踏まえた上でのサポートを行っています。

サイト制作やデザイナーの経験もございますので、WPやMTといったCMS知識や技術的な面でも指針となるアドバイスができるかと思いますので是非ご活用下さい。

アドワーズで稼いだ情報教材アフィリサイトの紹介

アドワーズに出向して、収入を上げた情報教材アフィリエイトサイトを1つご紹介させて頂きます。 どうのようにサイトを作りこんであるのかを学べるかと思います。

特典の受け取り方法

購入後に送られてくるASPからのメールのコピーを添えてお問い合わせフォームにてご連絡下さい。確認でき次第特典をお送りさせて頂きます。

関連記事

この記事へのコメント(0)

コメントを投稿する

ゆーたんの超備忘録

元自給645円の魚屋さん。
ブログが稼げる事を知り3ヶ月目で月7桁稼いでビビる。

ブログ&サイト制作やデザイナーの経験を経て、ブログのカスタマイズやテクニック、アフィリエイトなどの収入の結び付け方を中心とするコンサルや地域セミナーも開いている。

報酬累計3000万突破

ASPトロフィーASPからのトロフィー授与

pr3地域セミナーの様子